saryの日記

肩の力をぬいてもあるけるようになるための日記☆ボイジャータロットから連想する気づき☆

ボイジャータロットで人生の棚卸し ①

12月はじめ、kiacardさんのホールセルフマンダラを受けてきました

 f:id:sarydiary:20191203181554j:image

今回で2回目、2年ぶり

前回と同じカードが出たり、馴染みのあるカードが出たり、終わって全体をみれば「うーん、わたしっぽい笑」なカードが出るから面白い

本当にたのしかったので、kiacardさんにもらった言葉を自分の中にちゃんと落とし込みたくて、今日から3回ぐらいにわけて感じたことを文字にしてみたいと思います

 

 

まず、ひいたカードはこの10枚

 

Disappointment

Oppression

Equaminity

Change

Tower

Emperor

Kower

Priestess

Master

Moon

 

順番に、kiacardさんの言葉と、感じたことを書いていきます

 

 

 

 

Disappointment

"失望…がっかりしてたのしかった"

 

 

「これじゃなかった…」と思うことの多いわたし

特に仕事はそうで、転職は何回もしてるし、1回やってみたけどちょっと思ってたのと違和感あってもうやってない活動もいくつかある

長く続けてるのは読書とピアノぐらいかな

 

ころころ変わることや長く続けないことが、悪いことのように言われて育ってきてるから、「そんな自分は大丈夫なのか?人として」と思うときがある

 

ただ、メッセージをもらって、ふと思った

「これじゃなかった…とがっかりするたび、気づけてる、核(コア)の自分に近づいているんだ!」

 

本当にやりたいこと、好きなことって、簡単に見つからないし気づけないし、そもそもコトを知らなければその対象にもあがらない

何かやって、気づく

をひたすら繰り返して、何が嫌で合わなくて、何が好きで合うのかを知っていく

玉ねぎの皮を一枚一枚丁寧にはがすような作業

本当にやりたいこと、好きなこと、人生かけてやることは、そうやって皮をむいていくことで見えてくる

次の扉がひらくのは、決まって"終わり"のとき

だから、がっかりしても大丈夫

また一歩、ほんとうのわたし、コアのわたしに近づいたんだ

 

みたいに感じた

飽きっぽいんじゃなくて、見切りのカンがよくて思い切りのよさがあるだけ笑

たくさん扉をあけていって、たのしめばいいんだね

 

 

 

 

Oppression

"出られないたのしみ"

 

 

お金がない、チャンスがない、人脈がない、機材がない、環境が整ってない、学がない、富豪家庭に生まれてない…

 

人生て基本、ないないづくし

でも、あたま(思考)は自由!

制限された環境・条件だろうと、発明は可能だし、ないからこそ工夫しようとするし、むしろアイデアのチャンス

自己流アレンジで切り抜けるのはスリルと興奮

狭さをたのしめ!

 

なのかなぁと思う

 

 

今日はここまで

続きは後日

 

 

 

 

今日のカード「Equaminity」

客観的に自分をみたいときは

文字にする