saryの日記

肩の力をぬいてもあるけるようになるための日記☆ボイジャータロットから連想する気づき☆

わたしとワタシのお話し② 自分批判の原因になるものは、願いに合っていないってことかもしれない

365日ぶりの日記

今年になって新しく、定期の音楽の仕事が入るようになって、慣れるのに必死でした

ブログを書く余裕はなくて、気づけば一年

それだけいっぱいいっぱいな一年だったんだと改めて思う

 

今日は久々に、一年前の続きを書いてみる

わたし=外側の、生活している、意識のある私

ワタシ=内側の、話しかけてくる私

と思って読んでください

 

 

さいころから本を読むのが好きで、それにはマンガやラノベも含まれている

自分の周りにはないストーリーが絵と一緒になっているのが魅力で、面白さや想像力以外にも、知識や考え方を広げてきてくれたと思う

それに、ちょっとつまづいたときや傷ついたときに、自分や他人批判に意識が持っていかれすぎないようにするためのツールだとも思う

自分のこころを守る役割もちょっとあると思う

 

紙の本派だったけど、2年前くらいに電子書籍を使ってみたら便利だし気軽で、以来よく使うようになった

物を持たなくていいし、欠品はないし、決済もラク

ただ、気晴らしや暇つぶしに空いた時間で利用するはずが、だらだら利用するようになっちゃって、夜更かしすることもたびたび

特に、現実を考えたくないとき、やる気がないときは一番やりやすい

逃避のツールみたいになっている 

 

なんで時間決めて終わらせられないの?

その時間で楽器の練習したら?曲つくったら?録ったら?勉強したら?・・・もったいない!

夜更かしなんてするから体調いまいちなんだよ!

演奏の仕事近いのにいいの?

こんなことしている場合じゃないでしょ!

・・・

電子書籍でだらだらした次の日には、ワタシがわたしを責め立てるように話しかけてくる

自分を守るから一転、批判する原因になっちゃっていた

(ちなみに、不思議と、紙の本だとそうならない)

 

 

昨日、ゲーム依存のニュースを見た

生活や仕事に支障が出るとわかっていてもやってしまう、という所が、程度の差はあっても自分にも当てはまるようで見入ってしまった

 

昨日、ネット記事を読んでいた

「生活が変わらないと音が変わらない」とあって、音楽ちゃんとやりたいと言っているわりには、電子書籍プチ依存で自分管理がうまくいっていないこの状況をどうにかしたと思った

「あっ、わたし変わりたいんだ」ってふと気づいた

 

だから、電子書籍のサイト登録を今朝スパッとやめてみた

読みだめた本やマンガデータも何もかもなくなる(読めなくなる)けれど、紙の本だって定期的に処分してたんだし、これも一つの断捨離だな~と思いながら

「もうそれはいらないでしょ?」というのがワタシの意見かも?とも思いながら

 

 

 

電子にある本は無限に近くて、紙の本は有限な感じ

物のかたちをとっている方が、おわりが目と手でわかる、捨てることができる

これ以上は無理かな~と、限界ラインがひける

実体がある方が扱いやすいけれど、無限にやってられる状況のものは手にあまるみたい(コントロールしにくい)

紙の本はこれからも読むけれど、電子系は私には合わないらしい、と今回のことでわかった

 

 

ワタシだって責め立てたくないんだよね

だから、その原因を取り除いてあげないとね

自分に合わないものだよ!って教えてくれてるんだと思うから

自分批判の原因になってしまって純粋に楽しめなくなったものは、願いに合っていないってことかもしれない

 

便利だけど合わないものは合わない

そういうのは自分の純粋な部分を損なう気がするからやめた

というお話でした

 

 

f:id:sarydiary:20191128210737j:plain

 

今日のカード「Purity」

幽霊船が漂っているような空間で

灯したろうそくの光だけは実体感がある

相性のいいものを見つけるコツは、そういう感じ