saryの日記

つよがりで、がんばり屋さんな女性たちへ。肩の力をぬいてもあるけるようになるための日記☆ボイジャータロットから連想する気づき☆

わたしとワタシのお話し① 思っていたより低かった自尊心

3週間ぐらい前のこと。将来どうなりたいのかを考えていた。そこで未来の脚本(なりたい未来像・ワンシーンを描いたり、それまでのストーリーを考えてみたり)を書いてみようと思って、スマホのメモに書いてみた。その時は意気揚々と書けた。でもしばらくして、さて続きを、なんて思って伸ばしたその手はピタッと止まってしまった。同時に気持ちも、未来へのやる気もなくなってしまった。それは今も続いている。

なんでやる気が起きないの? 

どうして自分の思った通りに自分は動けないの?

意識あるわたしと、内面のワタシが、一緒の方を向かないもどかしさ。

それについて思ったことを、これからしばらく書き出してみることにした。

 

 

最近 コーチングを受けている。その一環で自分を改めて振り返っていた時、わたしは自尊心がある方だと思っていた。大学生の頃から自己啓発を重ねてきたことと、これまで波を乗り越えてきた経験に裏打ちされた今の「わたし」は、以前より自覚が芽生えて志向がたしかになったように思えたし、10代20代と比べて自分を小さく見たり卑下することもなくなったし、自尊心はだいぶ育ったと思っていた。だから未来のことも積極的に考えたいと思うようになっていた。

でも、いぜ考え始め実際に手を動かし始めたら、ピタッと止まってしまった・・・やる気が起きない。

というより、やりたい気持ちはあって、そのためのプラン=日々やるべきこと=行動も考えられるんだけど、行動が伴わない。

モヤモヤモヤモヤ・・・

でも2日前、ふと気が付いた。

だいぶ育ってきたと思っていた自尊心は、実はまだ低いんじゃないかって。

 

自尊心というのを考え始めたきっかけは、たぶん大学1年生の春も終わる頃。

当時のわたしは、「よいこ」でいようといつも肩に力が入っていた。知らない土地と新しい人たち。相手の気に入るように、傷つけないように、イイことしか言わないように、みたいな感じ。だから人の顔色を窺いながら接していた。

正直それはしんどくて、でもそれ以外の付き合い方もよくわからない時期でもあって、すごく人に気を遣っていた。簡単に言うと「ごめんなさい」の気持ちがいつもあって、言葉にしなくても姿勢にそう出ている感じ。

そんな時、サークルのプチイベントで一緒になった同級生の女の子に、「そんなに気を遣われると疲れる」とちょっとうんざりした顔で言われた。

今振り返れば、やっぱりそういう人を相手するのは疲れるなと、自分でも思う。

その時その子に「疲れる」と言われてハッとして、自己啓発というのを意識するようになっていった。自分に自信をつけようとか、自分の感性や感覚を大事にしようとか、人の目を気にし過ぎないようにしようとか、おかげで「自己の成長」というのをすごく意識した学生時代になった。今では言ってくれた子に、気づかせてくれたことに感謝している。

卒業後も相変わらず自己啓発本は好きだったし、内面を振り返ることはしょっちゅうしていた。

そうして今、わたしは「自分中心」で生きている。

自分のやりたいことを認識しているし、やれているし、生活も何とかなっている。次はその質をどれだけあげていけるかをたぶん考えている。

そこでてコーチングを受けたけれど、自尊心について考えるワークの後に手が、意識が、気持ちが止まってしまった。

 

思い当たったのは・・・

実はワタシの自尊心は低い(それほど高くはない)のに、わたしは低いことがいけないように感じていて、だからもう大丈夫だと言い聞かせるように高くあるようにみせている気がしてきた。つよがっているんじゃないかなって・・・それは何というか、過去の、あの大学生の頃のわたしを今のわたしが拒否しているような感じ。

苦い時期があったから今がある、という気持ちはある。

でも、どこかでそういった苦かった頃の自分を恥ずかしくも感じている。

 

それに、夢がない・やりたいことがないとか、「ない」ということを否定的に思っていて、無理やりあるようにしているんじゃないか?ふとそんな考えも浮かんできた。

これまで認めたくなかったけれど、わたしの「ある」って言っているモノたちって、見せかけなんじゃないかって・・・

 

今ある自尊心もハリボテに思えてきた。

そうして、やる気が起きなくなってしまったのは、きっとそれが理由なのかなって思った。

未来を考え始めたとき、中身が実はスカスカでこのまま進むのは危ういから、ワタシがわたしの手を止めたのかなって、何となく感じている。

 

 

今日はおちがないんだけど、自尊心が思っていたより低いのかもしれないと思って、そうしたらワタシが「そうだよ」って言っているような気がしたので、とりあえず書いてみた。

自分をつよく高く「ある」「持っている」かのようにみせていないか?

つよがるのをわきに置いて、もう一度、自分の足元を見つめ直した方がよさそうだと思った。

 

 

2018.12.6 Narrowness

狭い中に物があればぶつかりやすいけれど、ぶつかるから気づくのだと思えば、自分の小ささはこれからの伸びしろでもあると思いたい。