saryの日記

つよがりで、がんばり屋さんな女性たちへ。肩の力をぬいてもあるけるようになるための日記☆ボイジャータロットから連想する気づき☆

「自分探し」と「自分づくり」は違うんじゃないかと思ったことについて

"30代にもなってまだ「自分探し」をしているの?"

他人から思われることも自分に思うことも嫌な感じがする

探すことを終えられていない自分が不甲斐なく感じて

人としてダメダメな気がして

"こんな有耶無耶な人になるつもりじゃなかったのに…"

自己嫌悪になることがある

 

でももう

そんな気持ちになる必要はないのかもしれない

 

20代のころは確かに「自分探し」をしていた

深く潜ればその分

その原因となる理由やきっかけがそれとなくつかめたから

探すことは自分にとって有意義だったと思う

自分を知るために

だから

自分探しをしている自分は嫌じゃなかった

 

でも30代になってそれが嫌になった

ううん

違うなと思った

 

探している自分は

現実にはきっと今はない

それは探すんじゃなくてつくるものであって

ポンと用意された既製品のケーキじゃない

材料探しから始める手作りのケーキなんだと思う

 

人から見ればわたしは相も変わらず「自分探し」のように見えると思う

でもわたしにとっては違ってきたよ

最近は「自分づくり」をしはじめたように思う

つまりやっとスタート地点に立ったということ

スロースターターも悪くない

 

 

 

 

2018.9.28  Star