saryの日記

つよがりで、がんばり屋さんな女性たちへ。肩の力をぬいてもあるけるようになるための日記☆ボイジャータロットから連想する気づき☆

原石

 

"あなたの原石は何??“

 

f:id:sarydiary:20180728203816j:plain

 

 

今日のカードは「Brilliance」

夕暮れにクリスタルが浮かぶカード

 

輝くために必要なのは

私は何を磨こうとしているのか?

磨いてきたのか?

ということなんじゃないかと、カードをみて思いました

 

それは技術だったり、知識だったり、教養だったり、人格だったり…

まぁいろいろ、人によって対象のモノは違うと思います

 

技術を磨けば

要求に卒なく応えられるようになれば

いい人になれば

・・・・・・

 

違うなと思いました

わたしの原石って、きっとそういうものじゃない

もっとこう、自分としては何だか嫌だなと思うんだけど、やっぱりそうなってしまうという「myパターン」にある気がしました

 

それは

・きっちり正確に仕事をこなしたい

・丁寧に一つ一つ仕上げたい

・フレンドリーさよりもビジネスライク

・決めていいならさっさと自分で決めてしまいたい

という欲求

 

 

結局、個人事業主フリーランス)になってよかったのは、会社特有の「誰かがやってくれる」「誰かが判断してくれる」という"たらい回し・先手が打てない・腰が重い"ということがなく、全部自分の裁量で進められることだと思いました

 

その分大変だし、言ってしまえば失敗(事業継続しなかったという意味で)に終わったのだけど、やっぱり「丁寧に」「どんどん決められる」というのはとても自分に合っていたのだと、会社勤務の今よくわかります

 

きっちりし過ぎるのは、関わる人にはおそらくきつい感じかなと思います

じりじり追い詰めるだろうし、なんだか陰険だなとか思って、自分でちょっと嫌だと思ってます

他人の粗が目についてイライラして、自分の丁寧さに欠ける行動にイライラして・・・

 

そう思って、ゆるくゆるくいよう、なんて最近考えていたけれど、やっぱり性格がそうじゃないから無理で(苦笑)

あと、「私たち仲良しです!」なノリがうんとめんどい(苦笑)

たまにならいいけれど、常にそんな環境は億劫

 

そんなことしなくても、仕事がちゃんと回ること考えて動けば、自然とお互いに思いやりができると思うのだけど・・・理想論かな

 

人によく思われたいから「易しい人でいよう」なんて、演じようだなんて、そのうち無理が来るよね・・・

 

 

 

否定しないでおこうと思います

きっちりしたくなるわたしを

八方美人な自分を

 

他人の粗が気になるのは、自分が自分に対して否定的だから、余裕がないから、ともちょっと思うのです

 

 

 

9月には、また状況を変える

「変えるなら自分から」とよく言うけれど

変えてまでいたい場所なのか?

という自問をした方がいい気がしています

 

それはおそらく傲慢なのかもだけど

無理して合わせる必要度はどれぐらいなのか?

他人や環境との相性もあるしね・・・(前の職場で経験済み)

 

自分の感覚に抗わないこと

キモチワルイなら

ムカツクなら

ミサゲタクナルなら

それに蓋をしないこと

 

・・・・・・

って随分とネガティブな感じですが

だからこそわかること

「このままここに居たらおかしくなる」

 

 

 

ずっと同じ状況だとわからないことも、状況を変えると「あ、そうだったな」とわかるもの

今がそんな感じ

 

曲げたくないことこそ、原石なのだとしたら

・きっちり正確に仕事をこなす(=集中してやる)

・丁寧に一つ一つ仕上げる(=事に向き合う)

・フレンドリーさよりもビジネスライク(=適度な距離感)

・決めていいならさっさと自分で決めてしまいたい

 

総じて「一人が好き」なのが、わたしの原石な気がする

一人って孤独で付き合いがダメな人のイメージがあって、それじゃあだめだ!と思っていたけれど(小中のいじめ体験のせいかな、たぶん)、もっと肯定的に見ていいのだと思う

きっとそれが、今のどうしようもない閉塞感から脱出するためのヒントな気がしています

 

 

 

2018.7.28 水瓶座満月