saryの日記

つよがりで、がんばり屋さんな女性たちへ。肩の力をぬいてもあるけるようになるための日記☆ボイジャータロットから連想する気づき☆

もし、その道の先輩から、「あなたには才能がないからあきらめなさい」と言われたなら、楽なのかもね。

 

 

もし、誰かから、「あなたには才能がないからあきらめなさい」と言われたなら・・・

 

 

今日は『羊と鋼の森』(宮下奈都 著、文春文庫)という小説を読んでいました。

f:id:sarydiary:20180504223842j:plain

2016年の本屋大賞を受賞した小説。

ピアノ調律師になった青年を題材にした物語。

話題になった時からは随分たつけれど、この前本屋で見つけて目に入って気になって手に取って買ってきて。昨日の夜から読み始めて、そしたら話に惹きこまれて止まらなくなってしまって、今日も朝から読んで。

読んでいても思ったし、読んだ後も思ったけれど、話題になったその時ではなくて「今」読んでよかったし、読みたかった本でした。

読み終わって思ったのは・・・結局、自分のことを決めるのは自分なんだ、ってことでした。

 

主人公は、高校生の時、たまたま体育館のピアノを調律する場面に遭遇して、調律師を目指すことにしました。その時の調律師がつくった音に、「これだ」と思ったから。専門学校に通い、卒業して、その調律師が勤める楽器店に就職します。楽器店には、その調律師を含め個性豊かな3人の先輩がいて、3人の現場とアドバイスと音楽観・仕事観・人生観を吸収しながら、自分の自信のなさと葛藤しながら少しずつ成長していくお話です。

「解説」でもあったけれど、主人公は音楽の下地のないことにコンプレックスを抱いて、調律師としての才能があるのか、ちゃんと一人前になれるのか、よい仕事ができるのか、不安を抱えて葛藤して、いわば自分探しの物語でもあります。

 

物語の中で、主人公が「あなたには才能がないからあきらめなさい」と先輩たちから言われることはありません。

むしろみんな、なんだかんだと応援してくれる。

でも、結局、それを吸収して自分の肥やしにして、成果・結果を出せるまで待てるかどうかは、本人次第なところがある。

 

もし、先輩から、「あなたには才能がないからあきらめなさい」と言われたなら・・・

本当は楽なのかもしれないなぁと、読んでいて思いました。

自分より前方にいる先輩にきっぱり言われたなら、あきらめもつくのかもしれない。

客観的に見て断言されたなら、潔く認められるのかもしれない。

 

けれど、前方にいる先輩こそそれは言わないんだろうな・・・

先輩も、才能とか目指すものとかに悩みながら今いるわけで・・・

主人公へ投げかける言葉は、自身への投げかけでもあって、言葉にすることで自分に確認しているような・・・

 

こつこつと、ただやり続けて積み上げていくしかないことも、物語では取り上げられています。

結局は、それをやるんだという執念や闘志、好きだっていう気持ち、情熱。

それがなくならない限り、才能云々であきらめることはないんだろう。

 

 

 

 

5/1のカードは「Actor」・・・カードを見て思ったイメージは亡霊

5/2のカードは「Fear」・・・化け物、エイリアン

5/3のカードは「Anger」・・・足もとから崩れ落ちる

5/4のカードは「Integrity」・・・神殿の入口

 

今ある技術で、カタチだけなら、その役割を演じることはできる。

でも実のところ、自分の力不足、才能の有無に不安を感じて、申し訳なさを感じている。自分でいいのか?と自信がない。

「無い」ことを認めるのは怖い。足がすくむような、化け物にとって喰われるような怖さ。

認めてしまえばあきらめなければいけなくて、それが嫌だからなのか、それともあきらめきれずに苦悩するとわかっていて、それが嫌だからなのか・・・

もし神様がいても、「こうしなさい」とはきっと言わない。言ってくれない。

「あなたの望むようにしなさい」と言うだけだと思う。

だから、自分のことを決めるのは自分なんだと思って、あえて誰にも聞かない。聞きたくない。

それに、正直なところ、誰にもわからない。何がどこでどうこうつながって、もしかしたら化けるかもしれない。それとも何にもならずに終わるのかもしれない。

そういう希望みたいなものがあるうちは、誰かからあきらめなさいと言われてもやるんだろうな・・・

才能があるからやるんじゃなくて、「自分にはこれなんじゃないか」という感覚があるからそこにいる。やっている。続けている。

まだ聞く時じゃない。

自分が納得していない。

納得できるほど、やっていない。

だから・・・やっぱりやるんだよな~

 

4枚のカードをつなげて思うのは、そんなことだったり。

 

 

 

 

"才能がなくても、好きならそれをやってみるべき"

そう、昔、自己啓発系の記事でアメリカの心理学者が言っているのを目にしたことがあります。

ずっと心に持っている言葉。

だからこの前のブログで「仕事だのなんだのではなくて、ただやり続けようと思う」と思ったんだった。

 

こつこつとやり続けるのも、結構苦しい。

進めば進むほど、上限がないことがわかるから。

上には上がいて、自分は途方もなく下方にいると自覚するから。

いっそのことあきらめたくもなるんだけど、でも・・・!と思う限りはあがいて、やってみればいいんだよね。

 

 

 

いい本を読むと、つい感傷的に書いてしまうのはちょっと恥ずかしいけれど(笑)

最近、半年の断捨離ブームを終えて、ぼやけていた自分の輪郭が前よりクリアになってきた気がしています。

やっと本来のスタートラインに立ったような気がしていて、今の自分に、主人公同様言い聞かせるためのメモ。

 

 

 

 

 2018.5.4「Integrity」

 

 

 

 

 

 

 

 

●ご案内●

 

Instagram

saryの日記、音楽版はこちらからご覧いただけます

saryの日記・音楽版 (@sary_diary) • Instagram photos and videos

60秒ミュージックを配信しています

 

 

Twitter

saryの日記 (@sary_diary) | Twitter

日々のことやライブ情報など、ゆる~く何かを発信しています