saryの日記

つよがりで、がんばり屋さんな女性たちへ。肩の力をぬいてもあるけるようになるための日記☆ボイジャータロットから連想する気づき☆

とりあえずでいいんだ!って今は言いたい

 

 

わたしが言っている「夢」は、嘘ではないけれど、正直そこまで本気じゃない

「とりあえず」が欲しくて言っているようなところもある

夢がないと、それをやる(わたしなら音楽活動をする)理由を持っていないと、それをやってはいけないような錯覚をして落ち着かないから

 

理由とか、目的とか、夢とか

はじめからはっきりとわかっていることって、実はそうそうない

いつも「何となくそれをやりたい」みたいなフワフワしたところからはじめている

 

フワフワだから、やっぱり、行き当たりばったりなの

上手くいかない・回らないことも多いの

変更することも多いし、ちゃんと進めているかはわからないし

だってそもそも、どこに向かっているんだっけ?がはっきりしてはじめているわけじゃないから

 

行き当たりばったり系はダメ?

と思っていたけれど、その方がうまくいくタイプもいるって本に書いてあったから、やっぱり「とりあえず」で進んでみた

 

そしたら一つわかった

 

何かを知ることができたり、できるようになったり、上達したり、成果が出たり、人に出会えたり、チャンスがきたり

そんな時、理由とか目的とか夢とかが、「あ、こういうこと!」みたいな感じにわかる瞬間がある

 

" 理由は後からついてくる "

そう聞いたこと、ない?

はじめから明確に言語化できていなくても、何かの拍子にわかる時

 

その「時」を待てるかどうか

その「時」まで自分をちゃんと育てられるか

 

「自分を変えたい、自分の可能性を生かしたい。そう思うなら、決意と優しさと、たゆまぬ努力が必要だよ」

そう言ってくれたのは誰だったか?

 

ほんと、その通り

 

とりあえずの夢を持って、目の前に来たチャンスに一つ一つあたる

今はそれしか思いつかないけれど、それでいいんだと思ってる

 

とりあえずでいいんだ!

 

その「時」が来ればいろいろわかるだろうから

その「時」の自分なら、今とは違う場所、少し先を見ることもできるだろうから

 

 

 

明日はホールでのライブで

一人でステージに立つのはどこか怖い

弾きミスしたり曲を度忘れしちゃわないか・・・失敗するのが怖い

変な曲って思われないか、自分のレベルは大丈夫なのか・・・いろいろ怖い

 

でも、楽しみもある

自分の曲を弾けることとか、聞きに来てくれる人がいるとか

明日弾くピアノはどんな性格だろうとか

半年前と比べてどこまで上達しているかなとか

・・・

その「時」がきて、何を感じるのかも

 

ライブ出るにあたり、仕事セーブして時間も体力も投資して、スタジオ借りて練習して

何でそんなに?というのも実はちょっと曖昧で

出たからといって、その先に何かあるかなんてわからない

費やした分のリターンなんて度外視している

それでも、やっぱり「そうした方がいい」と思ったから根詰めて曲と向き合って、準備してみた

明日はどうなるかな・・・

終わってみて、どう思うのかな・・・

 

・・・

怖さと楽しさを両方抱えて生きていきましょ

(笑)

 

 

 

 

 

2018.4.28「Nurturing」

 

 

★ライブのお知らせ★

2018年4月29日(日)「PianoMusicFes」
場所 清水町地域交流センターホール
詳細はこちら https://piano.39disk.com/

出演時間 16:30~17:15
ささやかなお話、出会った情景をピアノの音にかえて、ストーリーを紡ぐような音楽をお届けします。演奏リストは下記の通り(予定)

f:id:sarydiary:20180428184607j:plain

 

 

 

●ご案内●

 

Instagram

saryの日記、音楽版はこちらからご覧いただけます

saryの日記・音楽版 (@sary_diary) • Instagram photos and videos

60秒ミュージックを配信しています

 

 

Twitter

saryの日記 (@sary_diary) | Twitter

日々のことやライブ情報など、ゆる~く何かを発信しています