saryの日記

つよがりで、がんばり屋さんな女性たちへ。肩の力をぬいてもあるけるようになるための日記☆ボイジャータロットから連想する気づき☆

「とりあえず」を更新していく

 

 

Synergy」=相乗効果のカードを見ると連想するのは「歯車」。

大きな1つと中くらいのが3つ。カチ、コチ、とかみあって右回りに回っているかのよう。

今日思ったのは「大きな一つがきちんと決まると他の動きもよくなる」ということ。

 

 

 

 

 

 

カードを自分に当てはめるなら、1人と3つのテーマ。

わたしと「職場」「音楽」「本」。

 

 

 

昔読んだネットの記事で印象に残っているのは「1リーダーが最も効率よく見られる範囲は3人」。

うろ覚えなので定かじゃないですが、それ以来「3」は気にしている数字です。

だからカードを見ても「3」が思い浮かぶんだと思います。

 

 

 

本題に戻ると、「大きな一つ」というのは自分の軸のこと。

大袈裟に言えば、生きる理由。

シンプルに言えば、誰のために何をするのか?

 

 

 

誰のため?と聞かれれば、まずは自分のためです。

 

できないこと・知らないことがどこか恥ずかしくて、つい「それぐらい知ってます」的に見栄をはったりつよがってしまったり。

遅れを取ったらいけない・完璧にしないといけないとどこか思っていて、がんばり過ぎたり弱さを見せられなかったり。

責任感がそこまでつよいとは思ってないけれど、なんだか中途半端でにできないせいでこだわり過ぎたりやり過ぎたり。

 

・・・とまぁ、自分のことをそういった「肩のちからがぬけにくい人」だと感じています。同じような人が世の中には結構いるんじゃないか?と思ったので、まずは自分のためにやって、それが回りまわって同じような悩みを抱えている人に届いたらいいなと思っているんです。

 

 

 

何をするのか?と聞かれれば、得意なことで発信すること。

 

わたしの場合はそれが「気づきを書くこと」と「ヒーリングっぽい音楽をつくって弾くこと」なわけですが、その根っこは「モノをつくりだすこと」。

 

いつも何かしらをつくっていたい。

考えを思いついては形にしていたい。

 

それは、その状態にあると平常心でいられるというか、落ち着いた気持ちになれるから。

自分が自分の上に真っ直ぐたっているように感じられます。

 

 

 

結局は「表現する」のが生きる理由なのかなぁと思う時があります。

SNSがこんなに普及したのは、つながりを求めてもあると思うけれど、誰もが気軽に表現できるようになったことも大きいと思うんです。

言論や芸術が圧迫されていたり、限られた人にしか許されなかったりした時代の方が長かったのだから、今の時代ってなんていいんだろう!と思います。

それをうんと享受して楽しみたい!と思っているんです。

 

 

 

そうやって内面ホリホリを6ヵ月ぐらいして、結果、SNSやブログのプロフィールが完成しました。

 

" 音楽と本好き。つよがりで変にこだわり屋。ほっと一息つけるようなヒーリング系ピアノ音楽をつくったりライブしたり、肩の力をぬいて人生あるくための日記を発信しています。"

 

これまで肝心な「わたし」の部分があやふやで定まらなかったので、いまいち3つの歯車の調子もよくなかったように思えます。

これまで何かを始めても長続きしなかったり、人のことを受け入れられずに衝突したり、イライラしたりすることがあったのは、だからかなと最近思っています。

ただ今もとりあえずだと思うし、今後変化することもあると思っていて、そのたびに内面ホリホリするんだろうなとも・・・。

 

 

 

つまり、終わりはない。

というか、「とりあえず」を更新していけばいいんだと思うんです。

 

 

 

大きな一つ、自分の軸。

最初からポンッと正解は出ないし、そもそも正解はないだろうから、とりあえずで進んでしまえ!で進んでみよう。

 

 

 

 

2018.4.13「Synergy

 

 

 

 

 

 

●ご案内●

 

Instagram

saryの日記、音楽版はこちらからご覧いただけます

saryの日記・音楽版 (@sary_diary) • Instagram photos and videos

60秒ミュージックを配信しています

 

 

Twitter

saryの日記 (@sary_diary) | Twitter

日々のことやライブ情報など、ゆる~く何かを発信しています