saryの日記

つよがりで、がんばり屋さんな女性たちへ。肩の力をぬいてもあるけるようになるための日記☆ボイジャータロットから連想する気づき☆

自分の一部を託せる人に会いたい

 

 

今日ひいたカードは「Lovers」

 

なんというか、私にとっては苦手なカード(苦笑)です。

自分に情があるんだかないんだかよくわからなくて、難解な課題というイメージがあるから。

ずっと、漠然と感じているのが、「今世の課題は愛するということを学ぶことなんだろうな・・・」。

このテーマはずっと抱えていくんだろうな(苦笑)。

 

ただ、今日カードを見て思うのは「対極にあるもの」。

なのでそういったテーマで書くことにします。

 

 

 

 

 

 

抱き合うふたりのような大きな石

二つだったものが一つになったのか

一つだったものが二つにわかれたのか

 

太陽と月

昼と夜

男と女

水面に映るわたしと映すわたし

生い茂る湖畔と乾いて波打つ砂漠

 

 

 

対極にあるものは、実は端っこ同士がつながっている

地図で見る地球の右端と左端のように

一つの場面、2次元の眼では、見えていないだけで

実はまるっと輪っかでつながっている

 

対極にあるものを嫌がることは

実はとても気にかけている証拠と聞く

愛情がなければ憎悪もないと言うしね・・・

 

なんでそんなに惹かれるの? 惹かれたの?

そこには自分にはないもの・足りないもの・欲しいものがあるから

気にするってことは、自分と関係するものだから

 

・・・自分の一部がそこにあると感じている??

 

 

 

対極が自分に近寄ってくれるわけじゃない(時にはあるだろうけれど)

自分もそこに近寄って行くことが、触れる条件

宝さがしと同じ

 

そうできない時やうまく動けない時、対極は嫌なものとして映り込む

逆にとても調子がいい時は、好いものとして映り込む

 

でも結局は、手に入らない

近づいて、実際に触れてみることはできても、自分のものではない

自分とは違う存在、「他」であることに変わりはない

それは相手も同じ

 

 

 

・・・自分の一部を託す、と思ってみる

それが目印になって、お互いを認識しあって、信頼し合って、補い合って、支い合えるようになるのかな?

そんな関係のヒト・モノ・コトに囲まれているのが、理想

 

 

 

 

 

2018.4.9「Lovers」

 

 

 

 

 

 

 

 

●ご案内●

 

Instagram

saryの日記、音楽版はこちらからご覧いただけます

saryの日記・音楽版 (@sary_diary) • Instagram photos and videos

60秒ミュージックを、ゆる~いペースで配信しています

 

 

Twitter

saryの日記 (@sary_diary) | Twitter

日々のことやライブ情報など、ゆる~く何かを発信しています