saryの日記

つよがりで、がんばり屋さんな女性たちへ。肩の力をぬいてもあるけるようになるための日記☆ボイジャータロットから連想する気づき☆

好きだけど似合わなくなった服を捨てることは、人生のステップアップに通じるものがある。

こんばんは。

今日のカードは「Purity」。

純粋という意味のカードだけど、パッとみて浮かぶのは、幽玄な時。

濃度の違う灰色の2つの空。ろうそくや街灯の明かりはゆらゆら、ふわふわ。空気は湿り気があってぬるく、ぼわ~ん、ぽわわ~んとしている中に、大きな格子窓が浮かんでいる。その足元にはいくつかの世界がスナップ写真のように並んでいる・・・そんなカード。

 

 

 

あっちとこっち

その境界線はどこ?

わたしはあっちへ行きたいけど、こっちからはどう行ったらいいんだろう?

ドラえもんのどこでもドアみたいに、大きな格子窓だけがポンとその場にあるとして、開けるにはどうしたらいいんだろう?

 

 

と連想していて、思い出したのは、BUMP OF CHICKENの「同じドアをくぐれたら」という曲。

曲調も好きだし、歌詞もなんか含みがあって好きな曲。

冒頭の歌詞は

「もう 気付いたろう 目の前のドアの鍵を 受け取れるのは 手の中がカラの時だけ」

 

この曲は、今の自分にすっごく響いてくるんです。

次のステップに移る時、今あるものを全部抱えて持っていくのはできなくて、大事な方を選択して、選択できない(持っていけない)ものは手放さないといけない。

歌詞にもあるけれど「手に入れる為に捨てるんだ」であって、嫌いになったとかそうじゃなくて、そぐわなくなってしまったもの。

捨てる・手放すという選択はとっても勇気がいるけれど、ずっと同じではいられないんだよね・・・

なんて感傷的になってしまう曲。

 

 

 

 

今日は、数カ月続いた断捨離を終えようと思った日でした。

好きだけどもう着ないと思える服、読んで面白かった本だけどもう読まないと思える本を、リサイクルに出したり処分しました。

クローゼットの中身も、本棚も、とてもすっきりしました。

 

 

好きだけどこれからの自分には合わなそうな服って何なのか?

それは年齢がどうのこうのじゃなくて、それを着た自分を鏡で見ると、すごく野暮ったくなってしまう服。買って袖を通した時のトキメキがもうなくて、イメージ変わったな・・・と思った服。

それでも今までは「気分変わってまた着るかもしれないし・・・」なんて思って取っておいたんです。

でも、今日ふと気づいたのは「わたしはこの服を着たいんじゃなくて、せっかく持ってるから着ておこう、じゃないとなんだかもったいない。と思ってるなぁ」ということ。

 

本も、「またいつか読み返したくなるかもしれないし・・・」と思ってずっと取っておいたものがたくさんありました。

亡くなった父の本も家には残っていて、全然好みが違うので読んだことはないけれど、「もしかしたら今後、読みたくなるかも・・・」と取っておきました。

やっぱりもったいないから、という理由で、ずっと取っておきました。

 

 

もったいない、という精神はいいことだと思うんです。

でも、着てあげられない服、読んであげられないなら本は、モノの目線で言うなら自身の役割を果たせてないということでは?

それはなんとなく、かわいそうな気が・・・

だから、必要とする人の手に届くようにとリサイクルに出したり、汚れのあるものはゴミの日に出そうと準備したり。

潔く今日処分することにしたんです。

 

 

処分して気持ちはすっきり。

身軽になった感じ。

持て余し気味だったものがなくなって、新しいものが入ってこれるスペースが生まれて、なんだか新鮮さがあります。

 

 

 

 

そんな今日ですが、一生大事にしたいと思える本を読み終えた日でもありました。

『ミ・ト・ン』(小川糸さんの小説、白泉社)という、ラトビアをモデルにした国で人生を過ごした女性の一生のお話です。

f:id:sarydiary:20180328231615j:plain

美しいミトン(手袋)と豊かな自然、辛いことがあっても笑顔を決して忘れない人々。

慎ましやかに、素朴で洗練された生活。

幸せを、お互いで紡いでいこうという姿勢に心あたたまる。涙が浮かぶ。

読後感は「純粋の結晶のような美しい本」。

 

 

純粋って、軽やかで、慎ましやかな感じなのかも。

 

 

人と関わりたくない時期がしばらく続いていました。

それはたぶん、勝手か押し付けられたのか?もう経緯はどちらでもいいんだけど、はっきろと何を?というのもまだ漠然としているけれど(これについては少しずつ考えたいと思います)、いろいろと抱えすぎていたせいだと思います。

でもようやく「断捨離おわり~!」という気分になれたので、もう身軽になったってことかな?

 

おわりははじまり。

すでに今日から、次に向けて何かがはじまっているんだろうな。

 

 

 

 

2018.3.28「Purity」

 

 

 

 

 

 

 

●ご案内●

 

YouTube

saryの日記、音楽版はこちらからご覧いただけます

www.youtube.com

音楽と詩と画でつづる、ささやかなお話たち

ゆる~いペースで配信しています

 

 

Twitter

saryの日記 (@sary_diary) | Twitter

ブログ更新やゆる~く何かを発信しています