saryの日記

つよがりで、がんばり屋さんな女性たちへ。肩の力をぬいてもあるけるようになるための日記☆ボイジャータロットから連想する気づき☆

本当のかっこよさは泥臭さから生まれる?

こんばんは。

今日の静岡県東部(に住んでいます)は雨が降って、風もすこし出て、寒い日でした。体が冷えてしまい、だるく、頭がぼーっとしていた一日でした。

そんな調子のでない今日のカードは「Delusion」=幻想。

あれ? 一昨日と同じ・・・

ということで今日は、カードの絵からではなくて、「続・いい子ちゃんなんてやめてしまえ✨✨✨」のさらに続きを書いてみたいと思います。

 

 

 

昨日、夜のニュースで、松岡修造さんがパラリンピックの選手に取材をしているシーンが流れていました。

普段そのニュースは見ていないのですが、たまたまテレビがついていて、たまたま目にして、またタイミングよく見たのが、スノーボード成田緑夢さんへのインタビューシーン。

 

成田緑夢さんの語る言葉とか様子とかを見ていると

「この人みたいな人を、かっこいいっていうのかも!」

と思いました。

一言一句覚えているわけではないですが、こんなようなことを言われてました。

 

・未来にフォーカスするんじゃなくて、目の前の一歩、目の前の一分に全力を尽くす

・夢や希望を与えられる人になりたい

・自分の夢にはおわりがない、だからずっと追っていける

 

語っている言葉も本人もキラキラなのに、全然嫌な感じがしない!(わたしはなぜか、キラキラな人を見るのがちょっと苦手で(比較しちゃうから)、何となく一歩引いてみる癖があるのです)

心底そう思っているんだろうなぁというのがテレビを通しても伝わってきて、かっこいい! と思ったわけです。

 

 

 

続・いい子ちゃんなんてやめてしまえ✨✨✨」では、かっこつけるのをやめたい、と書きました。

このかっこつけると、今回のかっこいいは、似ているようで違う気がするんです。

 

かっこつけるは、自分に何か足りない部分があってそれを取り繕っている感じ。

かっこいいは、自分に自然に備わっている感じ。

 

目の前の一歩・一分に全力を尽くす過程で、その自然に、というのが備わってくるのかな~と思いました。

 

 

でも、きっと、その過程は全然きれいじゃない。

汗臭くて、泥まみれで、あがいて、もがいて、ひっちゃかめっちゃかで、よわいしつよがるしで・・・

すごく時間もかかるし、すぐに成果は出ないし、ひとつひとつの積み重ねだし、コツコツ地道だし、地味だし不安も大きいし・・・

成功や成果には、そういう「泥臭さ」がベースにあると思うんです。

 

 

幻想的な景色だって、それが自然にできたものなら長い時間がかかっているし、人工のものなら人の地道な作業が施されている。

コツコツ地道なことの積み重ねの結果、あるものなはずです。

 

 

だから、理想や夢、目標に向かって前に進もうと思うなら、泥臭くなることも含めて進んだ方がいいんだろうなと思っています。

というより、なれないなら無理なのかもしれません。。

 

パラリンピックやオリンピックみたいにワールド級なことじゃなくて身近なことー例えば仕事で何かプロジェクトを任されたとか、私なら曲をつくることもそうですし、休まず仕事や学校に行くのが目標ならそれもそうだし、子育て・介護・家事・仕事など複数を両立するとかもそうだし、何かをがんばろうとしたら同じことが言えるんじゃないかと思っています。

 

何というのか、結構みんな、自分はそうなのですが、姿をきれいに見せたままがんばりたいというか、物事をやり遂げたい気持ちってありませんか?

過程にある泥臭いところなんか見せないで、きれいなところだけ見せたい・・・ 

あくせくしてたりダメダメな案や姿を出して自分の評価を下げたくない・・・

スマートにこなしていると思われたい・・・

要はかっこうつけていたい。

 

ずっとずっと、自分自身がそんな感じで、でもそういう自分にほとほと疲れているのも事実なんです。

疲れているということは、もうそれ止め! って合図なんです、きっと。

自分の壁は「かっこつけからかっこいいになるために、泥臭い姿もいとわない」なのかなぁと感じています。

 

 

今振り返れば、この一年がかなりひっちゃかめっちゃかな年でした。

たぶん、人に迷惑もかけたし、きつく当たったり感情をぶつけたりしたこともあったし、最近もいろいろ抱えこみすぎて爆発した(苦笑)。

ただ、爆発させると、しばらくはず~んと沈みこんで気持ちもイガイガしているけれど、だんだんと収まってきて、「あ、謝ろう」とか、「すこし譲ろう」とか、やさしさや冷静さが戻ってくる気がします。

そうやってその人との仲が(自分の中でだけでも)少し進歩したなら、「あれはあれでありだった」なんて、都合よく思えるようにもなります(笑)。

ピンチはチャンス、とよく言うけれど、ポイントは乗り越え方なんです、きっと。

 

 

 

 

本当のかっこよさは泥臭さから生まれる

そう信じて、泥臭く

今年はそれをいとうことなく

やってみよう

 

と感じる日でした。

 

 

 

2018.3.20「Delusion」

 

 

 

 

 

 

 

 

●ご案内●

saryの日記、音楽版はこちらからご覧いただけます

www.youtube.com

音楽と詩と画でつづる、ささやかなお話たち

ゆる~いペースで配信しています

 

 

Twitter

saryの日記 (@sary_diary) | Twitter

ブログ更新やゆる~く何かを発信しています