saryの日記

つよがりで、がんばり屋さんな女性たちへ。肩の力をぬいてもあるけるようになるための日記☆ボイジャータロットから連想する気づき☆

今年は「自分らしさ」を手放します

こんばんは。

今日のカードは「Death」=死。

言葉とは裏腹に、このカードを見ると安心してしまいます。

なぜなら「おわりははじまり」だからです。

 

カードは一見すると、ちょっと不気味です。

中央に大きく、面長の、苔がこびりついたお面。片方の目だけがじっとこちらを見ている。右側には、少しくすんだ青のローブを被った人影。左側には、大きなカラス。

全体の色合いが夜の色で統一されているというのか、とても静かで落ち着いていて、諭されているような印象を受けるカードです。

 

死=おわりとはじまり、と捉えるようになったのは、この本がきっかけでした。

f:id:sarydiary:20180319213219j:plain

『世界のはじまり』(タムラ堂/ターラー・ブックス)

中央インド出身のゴンド民族の神話的な世界を、誕生から死までの物語として表現されている本。各テーマに沿って、左ページにゴンドアート、右ページに詩が配置されています。南インドの工房で、一つ一つ丁寧に作られたハンドメイド絵本です。

 

この本の最後のページに、こう書かれています。

" 死と生は合わせ鏡のようだ。この二つは切り離すことができない。喜びの陰には悲しみがあるように、始まりには終わりがつきものだ。しかし、終わりの後には、新たな始まりがやって来る。"

そうして絵は、魚が頭と尻尾をくっつけ丸くなっています。

 

 

たとえば卒業するとか、退職するとか、プロジェクトが終了するとか、物事が終わる時に何をするだろう? と考えると、それは「かたづける」ことかなと思い浮かびました。

その場所での日々を振り返って思い出として整理したり(アルバムがそう)、次の人が使えるようかたづけたり、引き継ぎがうまくいくよう資料を整えたりかたづけたり、プロジェクトの結果を見直すのもそうかなと思います。

小説やドラマ、ドキュメンタリーでも、死期が近いといろいろ思い出す、といったのを目にします。

だから、終わりの時にはかたづけ作業がついてくる、という印象です。

 

なんでかたづけるのかを考えると・・・

やっぱり、次の人がその場所で新しくはじめられるようにしておくのが好いことだと思えるから。

あとやり残して迷惑かけたくないという気持ちもあるかな・・・?

(恥ずかしいものを置いてきちゃって、見つけられたら大変だし笑)

 

それは逆の立場ならそうで、学校の机も職場の机も、ロッカーも、最初は空っぽでいただける。学生証や社員証は新しいものをもらえる。でも終わりの時が来れば、それらはすべて返却するもの。

家も車もお墓も、買えばしばらくは自分の所有だけど、管理しきれなくなれば処理することになる。

返すというか、持っている物を手放すことになる。

 

そう考えると、社会の中で一生自分のものである物なんて、ないんだなぁと思います。

結構借り物、というより「仮のもの」が多いんだなと思います。

 

 

ずっとずっと、「自分らしさ」というのがテーマでした。特にこの3,4年は。

でも、見つけたとしても、それは一時的に手にしている状態であって、なんか違うな? と感じ始めたら手放すものなのかも・・・

「自分らしさ」というのさえ、「仮のもの」なのかもしれない。

 

 

この前空き時間に本屋に行って、松浦弥太郎さんの著書をタチヨミしていたのですが、「自分らしくは捨てなさい」というような一言が目に入りました。(今度ちゃんと買って読みます!)

その一言がすっごく胸に刺さっていて、直感的に「そうしたい!」と思いました。

 

年が明けてからずっとずっと、モノや人間関係、物事の断捨離やらかたづけをしてきたのですが、その本を見てから、最後のかたづけ・手放すものは「自分らしさ」というテーマだと感じています。

 

今自分に、また何かを新しく始めたい気持ちがムクムクわいたり、ライフスタイルを変えたいという気持ちが起こったりは、まだありません。

でも、「自分らしさを捨てる」と思ったら、ちょっとワクワクしてきました。

 

そんな気持ちで今日のカードを見ると、夜の景色が描かれているとずっと思っていたのに、そうではなく夜明けを待つ景色なのかも? と感じたので、案外いい線いっているはず(笑)。

 

 

 

「自分らしさ」も更新されていくもの。

自分を助けてくれる時もあるけれど、しがみつくものではなくて、変にこだわり続けることないのかもしれません。

ちょっと自分は、「自分らしさ」を意識しすぎてバリアを張り巡らしていたように思います。

でもそれは嫌な感じで、もうしがみつきたくないから、モノや人間関係、物事をかたづけたくなったんだろうな・・・(自分の場合は、どうしても今あるもの(今まで持っていたもの)に引っ張られちゃうから)

 

今日を区切りに、ありがとうの気持ちで「自分らしさ」を捨てます。

(言い切るのは重要らしいので、今日は強気で言い切る!)

そうして2018年度は、また新しいわたしをはじめよう。

 

今日はそう思った日でした。

 

 

 

2018.3.19「Death」

 

 

 

 

 

 

 

●ご案内●

saryの日記、音楽版はこちらからご覧いただけます

www.youtube.com

音楽と詩と画でつづる、ささやかなお話たち

ゆる~いペースで配信しています

 

 

Twitter

saryの日記 (@sary_diary) | Twitter

ブログ更新やゆる~く何かを発信しています