saryの日記

つよがりで、がんばり屋さんな女性たちへ。肩の力をぬいてもあるけるようになるための日記☆ボイジャータロットから連想する気づき☆

人に合わせすぎるのも、自分中心すぎるのも、なんだかダサく思った。

こんばんは。

今日は一日、神経のすりへるような細かい作業をしていました。だからもうクタクタ。

そのせいか、今日のカードは「Love」なのに、言葉とは裏腹にカードを見て思っていたのは「禍々しさ」「どよんとした暗さ」。全然好ましくない(笑)。

 

 

 

 

小さい頃から「しっかりしているね」とよく言われます。

言われると、嬉しい反面悲しくなりました。

同様に「さすがだね」とか、「頑張り屋さんだね」とか、「真面目さんだね」とか言われると、嬉しい反面ムズムズしました。

 

そうじゃないんだって!

そんなの全然自分じゃない。

本当は、しっかりなんてしていないし、頑張るの面倒だし、やりたくないことはさぼりたいし・・・いい子なんかじゃない!

 

今も時々そうですが、頑張り過ぎるとそう感じて、ものすごくこころが疲弊して、布団に突っ伏したりします。

 

 

 

相手がとてもしっかりしているなら、自分は少し抜けた感じになろう。

相手が真面目なら、自分は力をぬいて適当になろう。

相手がルーズなら、自分は事細かになろう。

相手が人見知りなら、自分が積極的に話しかけよう。

相手が今大変で手が空かないなら、その分自分が手足を動かそう。

 

そういう風に、相手に合わせて自分の振る舞いを決めることを、小さい頃から自然としていたように思います。

 

人に認めてもらいたい。

自分を必要とされたい。

自分の役割をこなしたい。

 

いろいろな行動や努力のきっかけは、そういった理由がとても大きいと感じています。

 

 

でも、なんだろう・・・最近それに飽きてきました。

人に合わせる能力が高いのはいいことだと思うし自分の強みだとも思うけれど、ものすっごく疎ましく感じるようになってきました。

 

なんで他人のためにこんなに頑張っているの!?

その割には全然対価を得られていないし、協力も得られているとは思えないし、なんで自分ばっかりこんなにやっているんだろう・・・

もっと自分のことやろうよ!

もっと褒められていいのに!

 

被害妄想も入っているけれど、そう感じることが、2016年の暮れからちょくちょくありました。

だから自分中心になろうと、この一年はとにかく自分の思ったこと・やりたいことを実現してきました。

 

 

そんな中で気づいたのは、まぁ当たり前といえばそうなんだけど、自分のことばかりに目が行っていると、人に迷惑をかけたり傷つけたりすることがあること。

今日も忙しすぎて、ちょっとした気遣い、というより言い方かな? 配慮が足りなくて母を怒らせてしまったんです。

たぶんこれは、母は私に存在を無視された、あるいは過小評価されたと思い、ちょっと傷ついたんだと思います。

あれ? それって・・・

自分が相手に対して思っていることを、母にしているんだなと思いました。

 

なるほど。やっぱり、自分のこころの状態は周りに発信され、自分に返ってくる。

いい状態ならいいことが、好ましくない状態ならパンチが(苦笑)。

 

 

 

自分中心でありながらも、人への気遣いも忘れないこと。

それはとても愛にあふれていて、Happyな感じがします。

自分にも人にも優しい感じがします。

 

でも、あまりにも自分中心になって人への気遣いが足らなくなると、今日みたいに変に疲れるし被害妄想も入るし、人を怒らせてしまう。

きっと、カードがどんより暗く見えた理由はそれだ(苦笑)。

 

 

人に合わせて振舞うこと、いい子をやろうとすることは、なんだか「ダサく」感じています。

でも自分中心過ぎるのも、幼稚で、それはそれで「ダサく」感じています。

だから真ん中を取って、「自分中心でありながらも、人への気遣いも忘れない」でいたい。

つまりは、私はバランスを取るのが下手なのだと、今日は気づいたのでした。

 

 

 

2018.3.9「Love」